スコアリングシステムで決められています

現在キャッシングの審査には、スコアリングというシステムが使われています。これはコンピュータにより、申し込みをした人の各種の個人情報や信用情報機関の信用情報を元に、数値化して判断するものです。

 

銀行やキャッシング会社によってこのスコアリングシステムに掛ける項目に多少の違いはありますが、基本的には同一のシステムで審査を行っていると思ってください。ですので、ある消費者金融で審査に落とされた場合、違う消費者金融でも同じ結果になる可能性が高いと言えます。

 

また銀行は元々消費者金融より審査が厳しい傾向があるので、数社の消費者金融で落とされた場合は銀行での借り入れも難しいということになります。

 

スコアリングによる審査基準とは

このスコアリングシステムでは必要な情報が入力された後、ほんの数秒でスコアを出すことが可能です。このスコアが融資が出来る水準をかなり下回っていた場合、その時点で審査に落とされることになります。本来はこの後に本人確認を行うステップがありますが、それ以前にこのスコアだけで落とされてしまいます。

 

特に信用情報に問題があった場合、そこで大幅にスコアが悪くなります。過去に債務整理をしたことがあったり、他社で遅延を繰り返したことがあった為にいわゆる「ブラックリスト」入りの扱いになっていた場合、その他の情報や状況に関わらず、まず審査を通ることはありません。

 

このブラック情報は一定の期間が経つと消去されますが、最低でも5年間は保持されています。こういった場合、申し込みをしてから即時に審査に落ちたことが知らされます。ですので思ったより早く審査に落ちたことが分かった場合、信用情報に何らかの問題があった可能性が高いと言えます。

 

また逆に、すぐに申し込み後すぐに審査を通過することがあります。これは全く問題がなかったと判断していいと思います。職業、年収額、その職場への勤続期間、他からの借り入れ件数や総額、また返済の遅延が過去にあったかどうかといった各要素を総合してスコア化したものが、審査の基準を大きく上回っていたということです。この場合は希望金額により、次のステップを待たずに融資が決定することがあります。

 

利用経験がある方がスコアが高くなる?

ごく普通に考えた場合、一度もキャッシングをしたことがない人の方が過去に利用したことがある人より信用できそうだと思うかも知れません。ですが、実はキャッシングをする場合は違うのです。今まで一度も利用したことがない人は、利用実績という面ではゼロに等しいことになります。

 

キャッシング会社ではそのように考える傾向があり、過去に利用したことがあり、一度も返済を遅らせたことがなく、また完済実績があるような人の方を高く評価します。利用期間が長く、全く遅延なく完済した場合はこの利用実績としてかなりの評価になります。

 

これはキャッシング会社の利用だけでなく、クレジットカードの利用状況も加味されます。ですのでキャッシングの経験がない場合でも、毎月のクレジットの支払いをきちんとしていることで、利用実績と判断されます。全く何の利用経験もない場合、この点で多少マイナスされると思ってください。

 

ですがいくら利用したことがあっても、支払いの遅延があったような場合は逆効果です。それが一度くらいであれば大きな問題にはなりませんが、何度も滞納があった場合は初めて利用する人以下の数値になってしまうと思ってください。スコアの各項目は、このようにキャッシング会社から見た目線で判断されて数値化されます。

 

スコア値を上げる方法がある?

ここまでで分かった人もいるかも知れませんが、このスコアリングシステムのスコア値は自分で上げることが可能なのです。その方法とは、まず1社に少額の申し込みをして、短期間で完済してしまうことです。これによって返済実績として評価されます。また1社だけでなく、何社かでこれを繰り返すことで、実績としては申し分のないスコアを叩き出すことも可能です。この方法をクレジットヒストリーと呼んでいます。

 

このクレジットヒストリーとして利用しやすいのは、いわゆるハウスカードと呼ばれるカードです。これは特定の場所やサービスでしか利用できないカードのことで、例えばマルイのような特定のデパートでしか使えないクレジットカードや、特定のガソリンスタンド専用のクレジットカードなどがそれに当たります。

 

この手のカードは利用範囲が限られていることもあり、審査基準が大変甘いので、まず審査で落とされることはありません。これらを利用して完済実績を重ねることで、スコア値を大きく上げることができます。また消費者金融が発行するアコムのACマスターカードはキャッシング用のカードではなく、クレジットカードです。

 

これは信販カード会社のマスターカードとの提携カードで、審査が甘く、またマスターカードなので国内に限らず海外でも利用することができますので、クレジットヒストリーとして利用するにはもってこいのカードだと言えます。どうしても高額な融資が必要な場合、まず何度かこういったスコア値を上げるクレジットヒストリーを行った後に申し込みをすると、そのままでは通らなかった審査に通るようになることも珍しくありません。こういったこともうまく利用してみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日