男性と女性で審査の違いはないと思って構いません

基本的に男性でも女性でもキャッシングの審査で違いはありません。ですが男性には会社員や自営業が多い傾向があったり、女性の場合は専業主婦が多いということもあるので、そういった意味ではそれが違いと言えるかも知れませんが、同じ職に就いている場合は男性でも女性でも審査基準が変わることはありません。

 

主婦のご利用におすすめ!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

女性専用ローンでは

キャッシングの中には女性専用ローンというものがあります。これは文字通り女性のみが借り入れを行えるローンですが、審査基準は一般のキャッシングと一緒です。ですが対応するキャッシング会社の店員が全て女性だったり、また電話に出るオペレーターも全員女性になっているので、女性の方も安心して相談や契約ができるようになっています。他には特に一般のキャッシングとの違いはありませんが、女性でも緊張せずに利用できるようになっていると言えます。それが女性専用ローンの特徴です。

 

専業主婦の場合は

専業主婦の場合は本人には収入がないので、基本的に消費者金融を利用することはできません。消費者金融の利用は本人に収入があることが条件になります。ですが例外があり、配偶者である夫の同意書を提出することでキャッシングが可能になります。これは配偶者貸付という制度で、夫の年収の1/3までの借り入れが可能になります。本人にパートなどの収入がある場合はその収入を合算して、年収換算の1/3までの借り入れが可能です。

 

一応このような制度がありますが、実際には専業主婦にこの配偶者貸付を行っている消費者金融はほとんどありません。これは実質的に主婦にも収入があることが条件になっていると思ってください。特に大手の消費者金融では専業主婦に対して同意書の有無を問わず、融資は行っていないと思ってください。

 

銀行からの場合、収入がない専業主婦でも借り入れを行うことが可能です。限度額は30万円までのことがほとんどですが、夫の同意書も必要ありません。専業主婦の場合は銀行のカードローンを利用することをおすすめします。
中には夫の同意がない場合は利用できない銀行もありますので、事前に確認をする必要があります。

 

自営業や個人事業主の審査

自営業や個人事業主の場合、収入証明書の提出が必要になります。基本的にキャッシングでは50万円までの借り入れには収入証明書は必要になりませんが、それは会社員などの定期的に安定した収入がある職業の場合で、自営業や個人事業主の場合はその安定感がないと思われる場合が多く、収入証明書によって収入があることを証明しないと審査には通りません。

 

この自営業や個人事業主の収入証明書には、確定申告書の写しや住民税の納税証明書などが使われます。会社員の場合でも50万円を超える借り入れには収入証明書が必要になりますが、その場合は会社からもらえる源泉徴収票が使用できます。もちろん確定申告書の写しや住民税の納税証明書でも大丈夫です。

 

同じ職業でも女性の方が不利になることがある?

基本的に同一の職業であれば、男性でも女性でも審査内容の違いはありません。ですが会社などに勤務している場合、女性は結婚や出産などで退職する可能性がありますので、その分高額の借り入れを行う際の審査では厳しくなる場合があるかも知れません。

 

高額の借り入れになると、どうしても返済期間が長くなります。その間に結婚や出産といったことが無いとは限りません。ですので少額の融資では男性と同様の審査基準で行われても、高額になると多少厳しくなることがあるかも知れません。

 

ですがこれは何も女性だからということではなく、高額の借り入れ時の審査が厳しいのは当たり前とも言えるので、表現的に難しいところがありますが、一概に結婚や出産の可能性が審査が厳しくなる原因の一端だと言い切ることはできません。

 

審査に男女差別がある?

男性と女性で審査の通りやすさが違うようなことがあると、それは一緒の男女差別だと言われかねません。ですので大手の消費者金融や銀行のカードローンを利用する際にそのような差別は一切ないと思ってもらって構いません。

 

審査内容が開示される訳ではないので実際のところは分かりませんが、少額の融資であれば男性と女性で審査基準が変わることはないと思って構いません。おおむね50万円以下の借り入れであれば、同一の職業であれば全く同じ審査を行うと思ってください。

 

高額の場合は上にも書きましたが、少額の場合と比べて審査基準が厳しくなるのは当たり前なので、これも女性だからとは限りません。このように、女性だからといって審査が厳しくなるようなことは無いと思ってもらって構いません。同一の職業の場合、男性と同じ審査基準で行われていると思ってもらって構いません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日